Jump to content
Dothack Network

Blogs

Our community blogs

  1. Last November we at DHN wanted to host a community programming day where you the community would put your skills to the test and create the best fan dothack game. But to many people's disinterest in performing such a difficult task and many people questioning their graphic and programming skills, we sought a way to balance the field so that everyone could participate. Rather than the community sit and write code or sit and draw, we discovered an easier method. What if we provided the programs you could use and you would focus more on the storytelling. And thus the genre Text Adventure Game was the best platform to allow everyone the chance to participate.

    A text adventure game, for those unfamiliar does not use graphics whatsoever. It works like a Choose Your Own Adventure books, where everything is predetermined but the reader, in this case the player's choice would determine different outcomes of success or failure. The player is given a text prompt and makes a choice when the narrative needs a player to interact, or the player can move around and select options based on words and actions. If anyone may have been fortunate to play, a real life example of a game that is best known for this would be Zork.

    The programs you may choose for this challenge are Inform 7, Twine, Quest, or ADRIFT. You will want to read on the features each program has to offer best suited for your needs, i.e. some can be created on a web page without having to install any software, others allow easier navigation for branching results. Whichever option you choose is acceptable, you may even use any other software not mentioned here. So long as the community can download and play your game.

    The last rule and most important rule to this challenge is that it must be dothack related. Whether you decide to use existing dothack characters in a new story, or using the canon characters to retell the same story for those who were unable to play the games, or if you wish to create your own original characters that exist in The World franchise is acceptable. Which version of The World is up to you, the original, The World R:2 from the .hack//GU games, The World R:X from .hack//LINK, or The World FORCE:ERA from the movie .hack//Beyond the World. Character classes should be mentioned or made apparent, use of friendly creatures like Grunty's and ChimChim's are also encouraged, and of course monsters! While pulling out your notebook or notepad writing ideas, you should consider the following: protagonists, antagonist, supporting characters, a conflict, a solution, and a resolution. Be sure to consider other literary tools like themes and tones.

    And of course, be sure to share your works when you finished. Make sure to tag us @dothacknetwork on social media when you wish to share your work. And on September 13th 2019 aka International Programmers Day, we will pick an entry as the winner of 2019's Make Your Own Dothack Game challenge!

  2. cover-current

    2019年9月12日(木)発売の「週刊ファミ通 2019年9月26日号」の総合情報コーナー「ファミキング」に、代表の松山洋が原作を務める、当社を舞台にしたゲーム業界お仕事漫画『チェイサーゲーム』が掲載されております。

    また、単行本第1巻に松山洋と作画を担当しているマンガ家の松島幸太朗の直筆サインを入れたものと、単行本第2巻をセットにして抽選で3名様にプレゼントされます。

    この機会にぜひご応募ください。

    『チェイサーゲーム』

    ファミ通がお送りする何でもアリの総合情報コーナー
    「ファミキング」

    単行本発売記念‼
    松山洋氏&サイバーコネクトツー訪問

    ゲーム開発会社サイバーコネクトツーを舞台にした、ゲーム業界をリアルに描くお仕事マンガ『チェイサーゲーム』の単行本が9月13日(金)に1・2巻同時発売される。
    それを記念して、サイバーコネクトツーの代表取締役であり、マンガ原作者でもある松山洋氏に制作現場を案内してもらった。

    (掲載誌から引用)

    プレゼント応募の詳細は本誌をご覧ください。


     
    雑誌名 週刊ファミ通 2019年9月26日号
    価格 特別定価550円(税込)
    発売日 2019年9月12日(木)
    発行 株式会社Gzブレイン

    View the full article

  3. 昨年2018年に東京スタジオで実施した新施策『アウトレンジ・レクリエーション』

     

    o0500050014339961335.jpg

     

    詳しくはこちらのブログに書かれていますが、サイバーコネクトツー東京スタジオを会場とした同業種&異業種交流会です。

     

    これまでの参加者は100名以上

    参加費はゼロ。
    各自が飲みたいもの・食べたいものを持参してみんなで交流会をやって、終わったらみんなで片づけやって帰るというやり方です。

    19時30分に集合して乾杯して自己紹介やって飲みながら雑談。
    20時過ぎたら軽く東京スタジオの見学ツアーをやってまた部屋に戻って飲む感じです。
    21時30分くらいから片づけを開始して22時くらいには解散、という流れです。


    2018年はのべ100名以上の方が参加して色んな縁が生まれました。

    参加者はゲームクリエイター・プロデューサー・ディレクター・ゲームデザイナー・ITエンジニア・プログラマー・イラストレーター・漫画家・声優・ナレーター・歌手・コスプレイヤー・TV番組制作会社・広告代理店・アニメーター・キャラクターデザイナー・出版社編集・ライター・英会話講師・専門学校教員・オタク美容師と様々でした。

    直接、エンターテインメント業界で働いているわけでは無い方も一部いらっしゃいましたが、“交流したい・勉強したい・繋がりたい・知りたい”という思いがある方であればOKです。

     

    2019年も【縁】を広げていきましょう!

    実際にやってみて参加者の評判が凄く良くて“2019年もやって欲しい!”という意見を多くいただきましたので、2019年も引き続き実施していきたいと思います。

    スケジュールは下記の通りです。

    事前申込制なのでお手数ですがそれぞれのページで申し込みをお願いします。

    また極力同じ方が毎月連続で申し込むのは、まぁ、空気を読んでいただけると助かります。
    なるだけ参加者全員と話ができるように、毎回定員を10名程度にしてますので。
    同じ方がまた参加されるのはOKですが連続しないように配慮していただければと思います。


    参加者10名に加えて、私と新里(取締役・東京スタジオ責任者)、なかとお(広報・東京スタジオ勤務)の3名が入っての交流会になりますので、毎回広い応接室Aの一室で収まる規模で実施しております。

    2019年もいっぱい交流してそれぞれの【縁】を広げていきましょう!

    本年もよろしくお願いします!

     


     

    株式会社サイバーコネクトツー
    代表取締役 松山 洋


    View the full article

  4. Greetings all you lovely fans, Andrew back with a long overdue Super Fan Friday and this time we have a treat for all you cosplay lovers. ?

    Without further ado, I bring you Niko Leigh!

    Name: Niko Leigh

    Cosplay pages: FB; Royalspacefish Cosplay | insta: royalspacefish

    photographer credit for Elk pics: FB; faunry photography | Insta; faunryphoto

    Country: USA

    Occupation: non-profit work (Civic Engagement Program Developer)

    Hobbies: cosplay, video games, makeup art, petting my cat

    Dislikes: sweets, bad plots in games, cold rain

    Favorite anime/cartoon/movie: This is too hard to pick. In the moment I'm really into Boku No Hero Academia and Bungou Stray Dogs

    Favorite game of all time: Although my youth belongs to .hack// my favorite game of all time (currently) is probably Dragon Age Inquisition. I've played that game over 10 times so I guess I like it a good amount.

    Favorite CC2 game of all time and why: original .hack// original run. I can't pick just one because the plot expands over all of them making them one complete game!

    Best CC2 game memory: Going through the small easter egg after you beat Quarantine where Mia and Elk end up reunited. Learning that Elk's player stays in the game for future .hack// games and stay together is also very cool (though I don't want to give away too many spoilers if they are considered spoilers still!)

    Hidden Talents: I'm writing a poetry book that should be self published ...eventually

    Picture explanation: (I'm not sure which you will use but since I provided a lot of Elk I'll write more about Elk!) I dabbled in cosplay a little but didn't really apply myself until a friend asked me to be her Kite. Since making Kite two years ago I've been really active in cosplay. I finally pushed forward and finished my all time favorite sad .hack// boy Elk in April of this year. Props have been a challenge for me so making Elk's shell like wavemaster staff head out of a block of glued together insulation foam was a big feat. I ended up really enjoying it even though it was very time consuming. Learning to resin gems was also very new to me. It's been a bit of a journey but I'm glad to finally be cosplaying my favorite .hack// boy as .hack// meant so much to me growing up! Now that I know more about props I'm looking to remake Kite this year and maybe someday make Ovan!

    Dream/Aspiration in the future: for my career path it's passion and non-profit based (LGBT+ youth education and homeless prevention)

    For cosplay, I really want to learn how to make bigger and better props. Ovan is another dream cosplay of mine and I'm hoping with the revive of GU I can get other people to cosplay with me!

    We'd like to thank Niko again for sharing their gift with us!

    Let us know what you think about Niko's awesome cosplays and show some love in the comments.

    Until next time ~ Andrew

    34559424_1738483079551835_4060763322054606848_n.jpg

    34668393_1738482949551848_1911674137969950720_n.jpg

    34746459_1738482966218513_3711974302166286336_n.jpg

    34756938_1738482992885177_8656936313745833984_n.jpg

  5. CyberConnect2

     

    Naruto and .hack developer CyberConnect2 will announce new projects on February 1, 2018, company president and CEO Hiroshi Matsuyama teased during the latest “Game Kaiwai Idobata Kaigi” live stream.

    “Rather than reminisce about the past 20 years, we will announce what kind of strategy we have planned for the next 10 years,” Matsuyama said. “We will announce new CyberConnect2 developments and new projects.”

    According to Matsuyama, the announcements will come through press outlets such as Famitsu. He added that Famitsu does not know anything about what they are going to announce yet, and will not be gathering all the necessary material for their coverage until January 11.

    In a separate Famitsu interview regarding ambitions for 2018, Matsuyama said, “I have been developing games for more than 20 years, and I will soon announce our ‘New 10 Year Plan for the Future.’ I will reveal the new business strategy of CyberConnect2. Please look forward to February 1, 2018.”

    Thanks, Hachima Kikou.


    Read more at https://gematsu.com/2017/12/cyberconnect2-announce-new-projects-february-1#6k8ERU26ePEXw85W.99
  6.  

    image: http://www.siliconera.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/08/DH0nrf8VwAEeazR_thumb.jpg

    DH0nrf8VwAEeazR

     

    Bandai Namco shared some new bits of information in this week’s issue of Famitsu magazine on .hack//G.U. Last Recode with a look at Haseo’s new weapon that is exclusive to his 5th form.

     

    The weapon is called “Gate of Ouroboros” and it is only available for Haseo’s new 5th form. The weapon can change form, and each one determines which of the eight arts it can use along with a variety of combos. It also has a secret “Skill Trigger” combo activation ability, but we’ll learn more on that later.

     

    .hack//G.U. Last Recode releases in Japan on November 1, 2017 for PlayStation 4 and PC. The game releases in North America and Europe this fall. Check out our previous report for a look at the latest screenshots.

     
    Read more stories about .hack//G.U. Last Recode & PC & PlayStation 4 on Siliconera.

    Read more at http://www.siliconera.com/2017/08/22/hackg-u-last-recode-shares-glimpse-haseos-new-5th-form-exclusive-weapon/#xRSAOViAF0QMzRv3.99
  7. ハセヲ5thフォーム専用武器“無限竜ノ門(ゲートオブウロボロス)”の力とは?

     『.hack』シリーズの第2シーズンであり、とくに根強い人気を誇る『.hack//G.U.』全3巻をHDリマスター化し、システムも遊びやすく改善。さらに、本編のその後を描く新規エピソードも収録される『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』。週刊ファミ通2017年9月7・14日合併号(2017年8月24日発売)では、新エピソードの『Vol.4』で登場する、主人公ハセヲの新形態である5thフォームの専用武器“無限竜ノ門(ゲートオブウロボロス)”が持つ、さまざまな力を公開! 新たな武器に秘められた、凄まじいまでの能力を確認すべし!
     

     

     
    wf0914_060_061

    詳細は、週刊ファミ通2017年9月7・14日合併号(2017年8月24日発売)でご確認ください!

    ■週刊ファミ通のご購入はこちら
    ※ebten(エビテン)

    ■電子版のご購入はこちら
    ※BOOK☆WALKER

    (C).hack Conglomerate (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ※画面は開発中のものです。

  8. wusivndxptyfmyhtgfca.jpg.eec4e37bd81e4fbd4e289e45459c01e8.jpg

    I love “trapped in a video game” stories—be that in books, anime, or even games. As a gamer, such stories directly relate to my greatest passion. But more than that, “trapped in a video game” is setup brimming with the potential for epic plots and thematic explorations.

    Much can be done with the “trapped in a video game” setting. It can be used for straight-up adventure or horror. It can bring to life an exploration of the human psyche or be a thought experiment for the construction of a society as a whole.

    In other words, it’s the way this setting is used that makes all the difference; “trapped in a video game” is the starting point, not the be-all and end-all of the story.

     

    That’s one of the reasons I get frustrated when things like Sword Art Online and Log Horizon are called rip-offs of the first popular “trapped in a video game” franchise, .hack//SIGN. It’s like saying Star Wars is a rip-off of Star Trek just because Star Trek came first and has a similar setting: a galactic civilization in space.

    Yet despite the shared general setting, we all know these two series couldn’t be more different. One is science fiction and concerned with exploration, the future of mankind, and social commentary on our modern day world. The other is science fantasy and gives its all to the creation of an engrossing adventure about heroes and villains battling among the stars.

    jg9vhtxlol0ajenizars.jpg.d3776367d916dedeeea02b7fd6bcdd6d.jpg

    In the same way, .hack//SIGN, Sword Art Online, and Log Horizon are fundamentally different stories despite having the same starting point—a “trapped in a video game” setup. .hack//SIGN is a mystery about a single person trapped in a video game and how he (and those players around him) deal with the psychological and game world problems that relate to his situation.

    Sword Art Online is an action adventure where thousands of people are trapped in a video game with the ever impending threat of real world death looming over them. It spends its time on action, romance, and an episodic exploration of how various people have adapted differently to the new world. Log Horizon, on the other hand, is not as interested in the individual’s reactions as it is in the overall implications of building a new society from the ground up in a game world made real.

    For decades, fantasy works have built amazing tales on the backbone of the Lord of the Rings-style setting—and that’s not a bad thing. Video game worlds in any form of storytelling are the perfect setting for future fantasy and sci-fi works—and the plot device of being trapped in one is just one of countless possible subgenres that can tell any number of enjoyable stories.

    So remember: Just because a setting has been used before doesn’t mean that other works with the same setup are simply inferior, cheap copies. There are many epic stories out there that start at the same place. And the more creative imagining that can springboard from that “same place”—whatever it may be—the better for us as readers, viewers, and players.

    Kotaku East is your slice of Asian internet culture, bringing you the latest talking points from Japan, Korea, China and beyond. Tune in every morning from 4am to 8am.

    To contact the author of this post, write to BiggestinJapan@gmail.com or find him on Twitter @BiggestinJapan.

  9. 001.thumb.jpg.97fccac389b41b51ef68227527122204.jpg

    http://www.4gamer.net/games/183/G018303/20120920045/

    2012年9月20日,ソニーは東京ゲームショウ2012の「センス・オブ・ワンダーナイトプレゼンツ ヘッドマウントディスプレイ没入快感研究所 Powered by Sony」ブースにて,東京ゲームショウ限定仕様のヘッドマウントディスプレイ「PROTOTYPE-SR」を使った仮想現実の公開体験実験会を開催している。

     すでにお伝えしているように,一般参加者から選ばれた44名も体験可能(※受付は締め切り済み)なイベントなのだが,それに先だって報道関係者向けの説明会が行われたので,その模様をお伝えしよう。

     なお,情報の性質上ネタバレがあるので,体験会に当選した44名の方は,できればこの先は読まないほが楽しめるはずだ。この点はご注意を。
     
    PROTOTYPE-SR。HMZ-T2の“先端”に埋め込まれた丸い部分がライブカメラ,その下,ヘッドマウントディスプレイの底面部に取り付けられている四角い箱がヘッドトラッキングセンサーだ
    018.thumb.jpg.79a3fdb9d7ca2fbf8196196e79e3a504.jpg
     実験の内容を軽く説明しておこう。実験会場となるのはブース内に設けられた真っ白い部屋だ。そこに椅子が置かれ,被験者はそこに座り,ヘッドマウントディスプレイをかけて映像を視聴することになる。
     ここで使われるヘッドマウントディスプレイは,ソニーの新製品「HMZ-T2」をベースに特殊な改造を施されたもの。ライブカメラによって外の様子を見ることができるほか,ヘッドトラッキングセンサーによって,頭の動きに合わせて視界を巡らせることができる仕様になっている。これを使うとどのような体験ができるのだろうか。
     
    説明会で流れたPROTOTYPE-SRの紹介ビデオ
    002.thumb.jpg.8c639d3a26a8c92457ee050056ba4447.jpg 003.thumb.jpg.db7d56ed1c00b53c220dbba3fd2327d9.jpg
    004.thumb.jpg.31ae8814accb936cf37b677c36d01f38.jpg 005.thumb.jpg.7ed3f450581c464a0c7c6dadc47fdeaf.jpg
    006.thumb.jpg.f1d5183dfea0c77fc213ce5f2c770336.jpg 007.thumb.jpg.775c7ef6169378c0649e10ec0f7aad41.jpg
     
    体験ブース内の様子と体験者視点の風景
    015.thumb.jpg.6fc7992af6faac1484ddb77accab4d9a.jpg 016.thumb.jpg.4c8eb38451d8cf1aca8ed3561a30b9b8.jpg
     
    サイバーコネクトツー代表取締役社長 松山 洋氏
    028.jpg.edc513b972edfa45a2f264ca696fcc48.jpg
     公開実験第1号として登場したのは,.hack(ドットハック)シリーズなどの開発で知られる独立系デベロッパ,サイバーコネクトツーで代表取締役社長を務める松山 洋氏だった。

     実験場の外では,松山氏が見ている立体視映像(の平面視版)と,室内における松山氏の様子とが映されており,松山氏がどんな映像を見ていて,かつ,氏がどんな反応をとっているがか確認できるようになっている。そして,報道陣はそれらを見るという形で説明会は進んでいく。
     
    実験の紹介ムービーより
    008.thumb.jpg.091ddc5427d337a53ed9cb191450eb33.jpg 009.thumb.jpg.a72eaf7360b4f72b5b7528380b2a5df6.jpg
    010.thumb.jpg.bfd2b223d1743d5750476ef83803bc7e.jpg 011.thumb.jpg.dcd85af0f532462dee606ddfbb21d804.jpg
    012.thumb.jpg.941fb8bc0f03d7ccde5a34b4f3850949.jpg 013.thumb.jpg.7d6bf4a713304b9d165cacf27c294734.jpg

     もう一度繰り返すが,以下,100%ネタバレ情報なので,体験予定の人は読まないように願いたい。

     というわけでブースで公開されていた実験風景の映像では,まず女性係員の指示でヘッドマウントディスプレイの設定を行う松山氏の様子が映され,映像コンテンツとして映画「バイオハザードV トリビューション」のプロモーションムービーが流された。これ自体は,最近テレビなどでもよく放映されているものと同じ――ただし立体視映像になっている――である。
     
    松山氏がヘッドマウントディスプレイの調整を行っているところ(※左はその直前)。大きな画面がヘッドマウントディスプレイに映っている映像,右下の小さな画面が松山氏と室内の様子を捉えた映像だ
    019.thumb.jpg.c45d4cc0c2f678db30dd095bea84da1c.jpg 020.thumb.jpg.0a7cf41f47ee7a5aaa169d9580c169da.jpg
    そしてバイオハザードV トリビューションのPVが流された
    021.thumb.jpg.8ac166d8399fbb08e90971f8b1ca5d0f.jpg

     ムービーが終わると,女性係員が再び登場(※ただしこの係員は,松山氏のいる室内にはおらず,映像の中にしか映っていない)。そのまま案内を続けていくのだが,ふとそこで室内の照明が点滅。女性係員が苦しげにうずくまったかと思うと,次の瞬間,ゾンビの姿になって襲いかかってくるといった展開だ。
     
    体験者にいきなりゾンビが襲いかかってくる
    022.thumb.jpg.efb702527be659a098ce1b5e5c0a4686.jpg

    023.thumb.jpg.a8796cb07c973c6a363331b6a62518e7.jpg  松山氏の見ている映像と,氏のいる室内を両方見られる筆者からは,最初は平然としていた松山氏が,さすがにこのときばかりは身をかばうように避けていたのが確認できた。

     そのあとも,実際の映像と事前に作成された映像を混ぜつつ松山氏を翻弄。最後に,バイオリニストの宮本笑里さんによるバイオリン演奏の模様が流された。これは事前撮影による(松山氏にとっては)バーチャルな映像だ。右にいたと思った人が,ふっと左側に移動したり,部屋中に風船が降ってきたりとさまざまな演出が凝らされていた。

    024.thumb.jpg.7c661387793b66c4a4990482ee97fa07.jpg
    現れた美人バイオリニストには「一瞬で恋をする」と松山氏。姿が急に消えたり,さまざまな演出が施されていた
    025.thumb.jpg.83be83e653239db460422d9755b1edd8.jpg 026.thumb.jpg.ad022440baee408cfa32c4593236962f.jpg

    030.jpg.c26b598ea9c48ff07198a6301dd9a873.jpg  一連の体験後に松山氏の感想を聞くと,「これは凄い」とかなり興奮気味に語っていた。

     松山氏の見ていた映像は,ライブカメラから撮影された室内の映像と,「被験者が実験室の椅子に座ったとき」を見立てて設置したパノラマカメラによって,事前に室内で撮影されていた映像,そしてその加工品である合成映像だ。リアルな映像と加工された映像とをシームレスに切り替えることで,現実と仮想現実の境界を曖昧にしてみようというのが,この実験の趣旨である。

     その効果は絶大だったようだが,言葉で説明するのは難しいようで,松山氏は「ジョジョの『キング・クリムゾン』のスタンドは,実際に体験するとこんな感じなのだということが実感できた」と,ちょっと分かりにくいかもしれない表現で体験内容を語っていた。
     ソニーの開発者に「絶対,キング・クリムゾンをイメージして作ったでしょ」と問いかけていたのに対し,開発者のほうでもおおむね肯定していたので,『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するスタンドを表現しうる手法が確立できたと言っていいのかもしれない(?)。

     とにかく,

     「これは実際に体験しないと絶対に分からない

    と,松山氏がかなり興奮気味に述べていたのが印象的だった。
     実際の体験内容そのものとは異なるのだが,体験時の様子を直撮りしておいたので,その一部を見て想像を巡らせてみてほしい。
     

    TGS 2012におけるヘッドマウントディスプレイ「PROTOTYPE-SR」体験風景

     

     松山氏は,.hackシリーズで近未来のガジェットを多く扱うなど,ヘッドマウントディスプレイといったガジェットについてはかなり詳しいようで,昔発売されたソニーのグラストロンをはじめ,昨年発売された「HMZ-T1」も当然のように購入して使用していたという。

     2002年に発売された.hackでは,近未来ということで2010年が舞台として設定されていたわけだが(※当時は10年も続くとは思っていなかったそうだ),2011年に発売されたHMZ-T1や,今回のPROTOTYPE-SRについては,想像以上のペースでハードウェアが進化していると,驚きをもって語っていた。これまでのゲーム機は,出力がテレビやディスプレイの画面に制限されていたのだが,このような新体験ができるデバイスが登場することで,ゲーム自体の表現力や表現手法も大きく変わってくる。.hackの世界もそう遠くない将来に実現されるのではないか,というわけである。

     クリエイターとして刺激される部分も大きかったようで,松山氏は早くもこのようなデバイスを使うとどのような表現ができるかなどについて思いをめぐらせているようだった。表現方法としては,現実の中で少しだけ嘘をつくと非常に効果的なので,実際,氏も「どのタイミングでだましてやろうか」と創作意欲を燃やしていたのが印象的だ。本物の「The World」を体験できるようになる日は近いかもしれない。

    027.thumb.jpg.96d801fe7f7ed17a08978e244e1f5158.jpg
     なお,今回使用されたPROTOTYPE-SRは,あくまでも今回の実験限定の試作品であって,具体的な発売予定などは一切ないとのこと。
     ただし,今回のフィードバックをもとにして,ヘッドマウントディスプレイの今後の展開について検討していくとのことなので,没入型ゲームデバイスとしての可能性をぜひとも継続して突き詰めていってもらいたいものである。
×