Jump to content

All Activity

This stream auto-updates     

  1. Last week
  2. Earlier
  3. 雲仙のふもと、長崎県南島原市を舞台にしたショートアニメーション「巨神と氷華の城」が、TriF(トリフ)スタジオによって制作されることが発表され、ティザーPVが公開されました。 「巨神と氷華の城」の主題歌を株式会社サイバーコネクトツーがプロデュースを手掛けるサウンドユニット「LieN -リアン-」が、音楽をサイバーコネクトツー福田考代が担当。2020年5月から全4本が公開されます。 「巨神と氷華の城」とは ストーリー 舞台は長崎県南島原市。 江戸時代初期、日本を揺るがした『島原の乱』で有名なこの地で、 中学3年生の志郎は、学校の友人たちと変わりない日々を過ごしていた。 そんな夏のある日、年上の幼なじみ茜が東京から帰郷する。 同じく幼なじみの時八も連れて、市内を散策する志郎たち。 懐かしさと複雑な想いが交差する中、突如目の前に現れたのは、 ゴロンと名乗る不思議な生き物だった。 小さな生き物ゴロンとの出会いが、この地に再び大事件を巻き起こす―。 (公式サイトより) 配信概要 2020年全4話公開予定 NCC 長崎文化放送 ・毎週木曜23:10~ ・毎週月~木曜日 25:54 あに。 内 各話60秒のショートアニメーション YouTubeにて配信 PV サウンドユニット「LieN-リアン-」とは ゲーム制作会社サイバーコネクトツーがプロデュースする三谷朋世(ボーカル)、福田考代(作詞/作曲)によるサウンドユニット。2007年に結成。 『.hack//G.U. Last Recode』の主題歌2曲をはじめ、『.hack//G.U.』シリーズや、『Solatorobo それからCODAへ』、劇場用3Dアニメーション『ドットハック セカイの向こうに』、『アスラズ ラース』など、サイバーコネクトツーが制作するゲームタイトルや映像作品において主題歌や挿入歌を数多く手掛ける。 三谷朋世による透明感のある伸びやかな歌声、福田考代による叙情的なメロディ、世界観や心情を繊細に表現した歌詞は多くのファンを魅了している。 福田 考代(ふくだ ちかよ) サイバーコネクトツーで全開発タイトルのBGM、テーマ曲、挿入歌の作曲を手掛ける。『.hack//G.U. Vol.1 再誕』の主題歌ある『やさしい両手』より作詞も手掛け、作曲にとどまらず幅広い才能を発揮している。 三谷 朋世(みたに ともよ) CMやテーマパーク音楽、クラシックや童謡・唱歌からポップス、ジャズナンバーまでジャンルにこだわらない音楽活動を続けている。 『.hack』シリーズで挿入歌を担当して以来、同シリーズの世界観を象徴する歌声として多くのファンを魅了している。 プロデュース プロデューサー/松山洋(株式会社サイバーコネクトツー) ディレクター/福田憲克(株式会社サイバーコネクトツー) View the full article
  4. 2020年3月19日(木)発売の「週刊ファミ通 2020年4月2日増刊号」の報道特集にディライトワークス 林真理氏とサイバーコネクトツー 松山洋の特別対談が掲載されております。 この機会にぜひご覧ください。 報道特集「サイバーコネクトツー 松山洋×ディライトワークス 林真理氏」特別対談 インディースピリッツに突き動かされて すでに”ブーム”と呼ばれる段階を越え、当たり前の存在となった感のあるインディーゲーム。 その多様性はさらに広がり続けており、個人が作る小さなものだけではなく、大手パブリッシャーや有名スタジオが戦略的にインディータイトルを手掛けるケースも増えてきている。 ここでは、まさに大手メーカーでありながらインディーへの挑戦を続けている、サイバーコネクトツー松山洋氏と、ディライトワークス林真理氏による対談をお届けする。 サイバーコネクトツーは少人数チームによるインディーマインドで手掛ける自社パブリッシングタイトル『戦場のフーガ』を制作中。 一方のディライトワークスは、昨年レーベルを立ち上げてインディーゲームに注力していることはご存じの通りだ。 おふたりに、インディーゲームに対するアツい思いを語ってもらった。 (掲載誌から引用) 雑誌名 週刊ファミ通 2020年4月2日増刊号 価格 特別定価580円(税込) 発売日 2020年3月19日(木) 発行 株式会社KADOKAWA Game Linkage View the full article
  5. Woa War Wolf

    CONNECTION TIME OUT ERROR

    Ok so every time i try and launch the game it says connection timed out how can i fix this?
  6. 2020年3月16日(月)20:00より、松山洋によるエンタメWEB番組「ぴろライブ!」の特別生配信決定! 生配信だけの掘り出しトークが炸裂⁉松山洋が金田氏のクリエイター像をとことん突き詰める! 「絶望禁止バラエティー ぴろライブ!」は、毎回エンタメ業界から様々なゲストをお招きし、ゲストの普段は見ることが出来ない素顔に迫りながら、業界の裏話、作品の制作秘話などエンタメ業界のリアルな話をお届けしております。 今回は特別生配信として、『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』(以下、『P5S』)のプロデューサー&ディレクターである、(株)アトラスの金田 大輔氏が登場!金田氏の意外な一面が明らかになる!?日頃より親交があるという2人だからこそ話せる、ものづくりに対する姿勢や、日々のゲーム制作についてなど、ここだけの話をお届け! もちろん、発売中の『P5S』にまつわる開発裏話やこだわりポイントなどについても語っていただきます! 出演者紹介 ■MC:サイバーコネクトツー代表取締役/松山 洋 1970年生まれ。博多にある元気なゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表兼ディレクター。 開発の傍らで毎月、60冊の漫画誌を読んでいる大の漫画好き。アニメや映画、もちろんゲームも漫画も幅広く、こよなく愛している。非常に“濃く”“熱い”人間である。 主な作品:『ドラゴンボールZ KAKAROT』、『NARUTO-ナルト- ナルティメット』シリーズ、『.hack』シリーズなど。漫画『チェイサーゲーム』の原作も手掛ける。 ■ゲスト:金田 大輔(かなだだいすけ) 株式会社アトラス、ペルソナチーム所属。 多くのアトラスタイトルに携わり、『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』ではディレクターを、『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』ではプロデューサー、そして本作『P5S』では、コーエーテクモゲームスとタッグを組み、プロデューサー&ディレクターを務める。 配信概要 番組名 「ぴろライブ!」生配信『ペルソナ5 スクランブル』特別編 配信日時 3月16日(月) 20:00~21:00(60分) 視聴ページ サイバーコネクトツー公式YouTubeチャンネル https://youtu.be/kDL15WjnPdE 『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』作品紹介 『ペルソナ5』のその後を楽しめる、シリーズ初のアクションRPG! 全世界累計セールス320万本を突破し、数多くのゲームアワードを受賞したピカレスク・ジュブナイルRPG『ペルソナ5(P5)』。TVアニメや音楽ライブ、舞台や漫画など様々なメディア展開も行われ更に拡大を続けるP5が、ファン待望のアクションRPGとなって登場。 ジャンル:アクションRPG 発売日:好評発売中 ハード:PlayStation®4/Nintendo Switch™ 発売元:株式会社アトラス 公式サイト:https://p5s.jp/ ©ATLUS ©SEGA/ ©KOEI TECMO GAMES All rights reserved. View the full article
  7. 2020年3月10日(火)発売「CGWORLD vol.260」にて、『ドラゴンボールZ KAKAROT』におけるサイバーコネクトツーの制作事例が紹介されております。 また「SPECIAL PRESENT」にて、代表の松山洋が原作を務める当社を舞台にしたゲーム業界お仕事漫画『チェイサーゲーム』の1&2巻セットが掲載されております。 松山洋のサイン入りで抽選で1名様にプレゼント! 詳しい応募の詳細は本誌をご覧ください。 ハイエンド・ゲームグラフィックス 2020春 原作漫画&アニメの醍醐味とゲーム性の両立 誰しもが「自分も憧れたヒーローのようになりたい」という願望を抱いたことがあるはず。 そしてヒーローの中でも、『ドラゴンボール』の孫悟空は、国を超えて、世代を超えて愛されている。 本作は、漫画原作とアニメシリーズ『ドラゴンボールZ』の世界を追体験できる「悟空体験アクションRPG」という、まさに夢のようなゲームだ。 (本誌より引用) 雑誌名 CGWORLD vol.260 価格 1,540円(税込) 発売日 2020年3月10日(火) 発行 株式会社ボーンデジタル View the full article
  8. 「別冊ケモノマガジン 4号」制作決定! 「別冊ケモノマガジン」とは、数あるケモノジャンルからテーマを一つに絞り、とことん追求した高濃度なマガジンシリーズです!最新号「別冊ケモノマガジン 4号」では男性ケモノにクローズアップ!「温泉」というテーマを通して、男性ケモノの魅力をたっぷり詰め込んだ内容を目指して鋭意制作中! ※「別冊ケモノマガジン 4号」は、「別冊ケモノマガジン 3号」のテーマ「ケモノ温泉郷 女湯編」の連動企画です。もちろん「別冊ケモノマガジン 4号」のみでもお楽しみいただける内容となっております。 ▼「別冊ケモノマガジ3号」の詳細はコチラ! 3/9 (月) 締切!「みんなでモフり隊」オリジナルケモノ作品募集中! 「別冊ケモノマガジン 4号」の制作にあたり、“温泉男子”をテーマとしたオリジナルケモノ作品募集企画「みんなでモフり隊」を実施中です。 サイバーコネクトツーがプロデュースする「THE KEMONO」プロジェクトのマスコットキャラクター「もくじくん」や「シーニャ」が登場する作品も大歓迎です。 投稿いただいた作品は「別冊ケモノマガジン 4号」にて掲載! 優秀作品に選ばれた方にはサイバーコネクトツー代表松山洋と「THE KEMONO」プロジェクトマスコットキャラクターのサインが入った「別冊ケモノマガジン 4号」をプレゼント! 皆様のご応募お待ちしております! 【応募方法】 応募方法 Twitterまたは郵便はがき 締め切り 2020年3月9日(月) 応募資格 男女・年齢・プロアマ問わずどなたでもご応募いただけます。 応募についての詳細は「ケモノプロジェクト」サイトをご確認ください! 「別冊ケモノマガジン」新刊の他にも「ケモノプロジェクト」関連の新商品を制作予定!!続報をお待ちください。 View the full article
  9. Erroneous

    Last Recode on Sale 75% Off

    Last Recode on sale at $12.49 USD for the next 14 hours on Humble Bundle for the PC. https://www.humblebundle.com/store/dot-hack-gu-last-recode
  10. 2020年2月27日(木)発売の「週刊ファミ通 2020年3月12日号」のやじうまNEWSに「サイバーコネクトツー女子VTuber部」のインタビューおよび、メンバーのプロフィールが掲載! この機会にぜひご覧ください。 やじうまNEWS サイバーコネクトツー発の社員VTuber誕生! 予算はないが、ガッツはある! 宣伝女子スタッフ4人がアバターを自力で制作しゆるっとライブ配信! ゲーム開発だけではなく、最近では『チェイサーゲーム』といったマンガ制作などマルチな活動を行うサイバーコネクトツーが、新たに4人組のVTuberグループを発表した。 しかも、同社の社員4名でメンバーが構成されているとのこと。今回、メンバーのひとりで、宣伝を担当するたっしーにインタビューを行い、活動が決定した経緯や意気込みを聞いた。 (本誌より引用) サイバーコネクトツーから社員VTuber誕生のお知らせ! 宣伝チーム4人が自作アバターで3月配信スタートに向けて準備中! 気軽に聞けるゆるっとライブ配信を予定、お楽しみに^^ 配信日が決まり次第またお知らせします!#CC2女子部 pic.twitter.com/qsnDA9ZLGb — サイバーコネクトツー公式 (@PR_CC2) February 27, 2020 雑誌名 週刊ファミ通 2020年3月12日号 価格 特別定価550円(税込) 発売日 2020年2月27日(木) 発行 株式会社KADOKAWA Game Linkage View the full article
  11. 『マンガファイトクラブZ』トップクリエイターたちがマンガで対決!【第4回】 2020年2月26日(水)21:00よりニコニコ公式生放送「シシララTV」の『マンガファイトクラブZ』にサイバーコネクトツー代表松山洋がゲスト出演決定! ぜひご覧ください! 放送内容 ゲームクリエイター、漫画家、舞台演出家、映画監督など、さまざまなジャンルのクリエイターたちが登場! 己の感性、描写力、プレゼン力を頼りに、さまざまなお題にチャレンジするマンガ大喜利、それが『マンガファイトクラブZ』です! 「思い出しお絵描き」から始まり、「1コママンガ」、「キャラクターデザイン」、チームを組んで行う「リレーマンガ」、王道の「4コママンガ」など、多彩なお題をご用意してお届けする本番組、必見です!! (番組ページより引用) ※放送内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。 出演者 【司会】 ◆井上ジェット(マルチクリエイター) 【マンガファイター】 ◆池田爆発郎(雑・創作家) ◆笹原和也 (アニメーション監督) ◆白井もも吉(漫画家) ◆福士直也 (天狗工房 監督) ◆山岸謙太郎 (映画監督 映画制作チームProjectYamaken代表) ◆由水桂 (CGIアーティスト) ◆松山洋 (株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役) ※敬称略 放送概要 番組名 『マンガファイトクラブZ』トップクリエイターたちがマンガで対決!【第4回】 放送日時 2020年2月26日(水) 21:00~ 予定 番組詳細 ニコニコ生放送 ニコニコ チャンネル シシララTV View the full article
  12. ファミ通.com(運営:株式会社KADOKAWA Game Linkage)で連載中の代表・松山洋が原作を務めるゲーム業界を舞台にくり広げられるお仕事マンガ『チェイサーゲーム』の最新3巻が2020年2月7日(金)に紙版と電子版で同時発売! また、発売を記念して、各電子書籍ストアにて期間限定で1巻無料フェアが開催中です。 最新3巻発売!各電子書籍ストアにて1巻無料 その夢は夢のままか!? かなえる力はここにある! 各業界のクリエイターから、「リアルすぎて胃が痛くなる!」と評されるほど波紋を呼んだ本作の単行本第3巻では、クリエイターとして活躍している主人公たちが、どのようにしてゲームクリエイターという仕事を選び、どのような道を歩み夢を叶えたのかという彼らの青年時代が描かれています。そのほか、単行本だけの描き下ろしエピソードとして、札幌出張中の穴井の裏話を描いた漫画や、原作者によるコラムなども収録。 紙版と電子版で好評発売中! ◆3巻発売記念フェア開催!各電子書籍ストアで1巻無料(~2020年2月20日まで) コミックシーモア / BookLive!コミック(Handy) / COCORO BOOKS / music.jp / LINEマンガ / Apple Books / Kindle(wholesale) / dブック / ひかりTVブック / DMM.com / 紀伊國屋Kinoppy / GooglePlayブックス / pixivコミック / BOOK☆WALKER / Amebaマンガ / BookLive! / Reader Store / 楽天Kobo 最新刊情報 タイトル チェイサーゲーム (3) 紙版 https://www.amazon.co.jp/dp/4047334642/ 電子書籍配信先 Kindle / LINEマンガ / ebookjapan / BOOK☆WALKER / BookLive! その他、100以上の電子書籍ストアで順次配信! 発売日 2020年2月7日(金) 仕様 B6サイズ 発行 株式会社KADOKAWA Game Linkage 発売 株式会社KADOKAWA 電子書籍出版 株式会社ナンバーナイン 『チェイサーゲーム』スペシャルコラボ「ゲームクリエイター向け自作PCキット」がパソコン専門店ドスパラから発売! パソコン専門店ドスパラを展開する株式会社サードウェーブと『チェイサーゲーム』がコラボレーションしたクリエイター向けの自作PC一式セットが登場! クリエイティブを目指す学生が最初に手にするべきパソコンと想定し、パーツ選定にサイバーコネクトツーも参加しております。 ▼下記指定のページからご購入で、特製ステッカーがもらえます! https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_set.php?camp=1732 商品名:チェイサーゲームコラボ!クリエイター向け自作PC一式11点セット ドスパラ通販特価:109,063円(+税) ※価格は変動する可能性があります。 ■『チェイサーゲーム』について ゲーム開発会社の3Dアニメーター新堂龍也はチームのマネジメントを任される。癖のあるチームのメンバーたちに苦労しながらも、さまざまな人との出会いを通じて一人前のゲームクリエイターとして成長していく物語。 原作は本作の舞台サイバーコネクトツーの代表取締役・松山洋、作画は『ショー☆バン』の作画担当を務めたサイバーコネクトツー所属の漫画家・松島幸太朗で、現在ファミ通.comにて2週に1度、月曜配信(閲覧無料)で連載中です。 著者プロフィール 著者 原作/松山 洋(株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・ゲームクリエイター) 【代表作】ゲーム『.hack』シリーズ、『NARUTO−ナルト− ナルティメット』シリーズ、『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』/著書『エンターテインメントという薬』、『熱狂する現場の作り方』 Twitter:@PIROSHI_CC2 作画/松島 幸太朗(株式会社サイバーコネクトツー・漫画家) 【代表作】『ショー☆バン(森高夕次 原作)』、『ストライプブルー(森高夕次 原作)』、『永遠の一手(伊藤智義 原作)』など。 Twitter:@matsushima_cc2 連載ページ ファミ通.com(3週に1回、月曜更新) 【連載一覧】https://www.famitsu.com/serial/chasergame/ ©CyberConnect2 Co., Ltd. ©Hiroshi Matsuyama View the full article
  13. Erroneous

    Liminality OVA

    Liminality was the OVA for the first generation of the dothack franchise that was included with the original PS2 games. Each game had included 1 DVD each for each of the 4 episodes of .hack//LIMINALITY that coincided with the game's timeline. This was the real world account of events while you played the PS2 video game, each involving a party directly tied to the in game characters and events that were occurring at that time. These director scripts were provided by the late Kevin Seymour who oversaw the western localization of these episodes while working with and along side ZRO Limit Productions, Animaze..iNC, and in communication with Bandai America. Those who handled Kevin's estate sold off various director scripts including the four episodes of Liminality and the four PS2 games for .hack//Infection, Mutation, Outbreak, and Quarantine. Thanks to a generous donation from Gemcrim from the community, we were able to purchase one of the set of scripts from the estate sale. So what is the importance of these director scripts? First hand we see the original translations from Japanese to English, then we see what steps they were thinking in terms of timing and video editing to make the dialogue match the duration of the lips animation moving (to avoid an original Godzilla dubbing out of sync), we also get to use which voice actors were used for some of the extra's, and the communications shared between each studio that took place throughout this whole process. This is a piece of dothack history, localization history, and a time period of the early 2000's standard dubbing practices. Take what you wish from these scans and notes, we are releasing them as-is with the only redactions of peoples phone numbers, physical addresses, e-mail addresses, and other personal and private information. Liminality OVA1 Translations Liminality OVA1 Voice Script Liminality OVA2 Translations Liminality OVA2 Script Ver 1 Liminality OVA2 Script Ver 2 Liminality OVA3 Script Ver 1 Liminality OVA3 Script Ver 2 Liminality OVA3 Script Ver 3 Liminality OVA4 Voice Script View full article
  14. Erroneous

    Liminality OVA

    Liminality was the OVA for the first generation of the dothack franchise that was included with the original PS2 games. Each game had included 1 DVD each for each of the 4 episodes of .hack//LIMINALITY that coincided with the game's timeline. This was the real world account of events while you played the PS2 video game, each involving a party directly tied to the in game characters and events that were occurring at that time. These director scripts were provided by the late Kevin Seymour who oversaw the western localization of these episodes while working with and along side ZRO Limit Productions, Animaze..iNC, and in communication with Bandai America. Those who handled Kevin's estate sold off various director scripts including the four episodes of Liminality and the four PS2 games for .hack//Infection, Mutation, Outbreak, and Quarantine. Thanks to a generous donation from Gemcrim from the community, we were able to purchase one of the set of scripts from the estate sale. So what is the importance of these director scripts? First hand we see the original translations from Japanese to English, then we see what steps they were thinking in terms of timing and video editing to make the dialogue match the duration of the lips animation moving (to avoid an original Godzilla dubbing out of sync), we also get to use which voice actors were used for some of the extra's, and the communications shared between each studio that took place throughout this whole process. This is a piece of dothack history, localization history, and a time period of the early 2000's standard dubbing practices. Take what you wish from these scans and notes, we are releasing them as-is with the only redactions of peoples phone numbers, physical addresses, e-mail addresses, and other personal and private information. Liminality OVA1 Translations Liminality OVA1 Voice Script Liminality OVA2 Translations Liminality OVA2 Script Ver 1 Liminality OVA2 Script Ver 2 Liminality OVA3 Script Ver 1 Liminality OVA3 Script Ver 2 Liminality OVA3 Script Ver 3 Liminality OVA4 Voice Script
  15. Version 1.0.0

    14 downloads

    These are the voice script dialogues the English voice actors used to say their lines.
  16. Version 3.0.0

    12 downloads

    These are the voice script dialogues the English voice actors used to say their lines.
  17. Version 2.0.0

    10 downloads

    These are the voice script dialogues the English voice actors used to say their lines.
  18. Version 1.0.0

    10 downloads

    These are the voice script dialogues the English voice actors used to say their lines.
  19. Version 2.0.0

    13 downloads

    These are the voice script dialogues the English voice actors used to say their lines.
  20. Version 1.0.0

    13 downloads

    These are the voice script dialogues the English voice actors used to say their lines.
  21. Version 1.0.0

    13 downloads

    This is the translations from Japanese to English, prior to being reworked for the voice actors scripted lines.
  22. Version 1.0.0

    15 downloads

    These are the voice script dialogues the English voice actors used to say their lines.
  23. Version 1.0.0

    30 downloads

    This is the translations from Japanese to English, prior to being reworked for the voice actors scripted lines.
  24. 2020年2月7日(金)・21日(金)にVoice Love Network「せたジュンのほんのりサジカゲン」のサイバーコネクトツー代表松山洋ゲスト出演回が公開されます。 番組では『チェイサーゲーム』最新3巻の発売を記念し、その内容を中心にお話しします。 ぜひお聴きください! 放送内容 さわやかボイスのジュンちゃんと、いぶしぎんボイスの世田ちゃんでお送りする絶妙トーク番組。いったいどこへ進むのか。そのサジカゲンやいかに!? (公式サイトより引用) ※放送内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。 放送概要 番組名 せたジュンのほんのりサジカゲン 公開日時 2020年2月7日(金)・21日(金)お昼12時~ 出演者(敬称略) パーソナリティ 世田一恵、金丸淳一 ゲスト 松山洋 番組詳細 「せたジュンのほんのりサジカゲン」番組サイトへ View the full article
  25. 2020年1月9日(木)発売の「週刊ファミ通 2020年1月23日増刊号」の新作クロスレビューにて『ドラゴンボール Z KAKAROT』がゴールド殿堂入りいたしました!! 「ドラゴンボール Z KAKAROT」は2020年1月16日(木)に発売! お楽しみに! 雑誌名 週刊ファミ通 2020年1月23日増刊号 価格 特別定価580円(税込) 発売日 2020年1月9日(木) 発行 株式会社KADOKAWA Game Linkage View the full article
  26. 2020年1月9日(木)発売の「週刊ファミ通 2020年1月23日増刊号」の特集記事「ゲームクリエイター2020年の抱負」にサイバーコネクトツー松山洋の記事が掲載されております。 この機会にぜひご覧ください。 ゲームクリエイター2020年の抱負 新春恒例の人気特集を2020年も実施! 2019年のゲーム業界でさまざまな話題を提供してくれた、総勢110名ものゲームクリエイターに、今年の抱負を聞いた。 彼らが考える2020年とは――? (本誌より引用) 雑誌名 週刊ファミ通 2020年1月23日増刊号 価格 特別定価580円(税込) 発売日 2020年1月9日(木) 発行 株式会社KADOKAWA Game Linkage View the full article
  27. 2020年2月24日(月・祝)仙台国際センターにて開催される「第6回DA-TE APPs!2020」に、サイバーコネクトツー松山洋がゲーム審査員として登壇いたします。 また、ゲーム業界で活躍する豪華審査員によるトークセッションにも参加いたします。 定員先着100名!当日の観覧は無料です。 この機会にぜひお申し込みください。 ゲームコンテストの部門紹介 【フリー部門】 東北の学生が、1年間かけて学校で開発したゲームを発表! 多数の応募作品の中から、一次審査を通過した上位作品のチームが、プレゼンバトルを行います! 【GLS for Education部門】 仙台市内のゲームを学ぶ専門学校から選抜されたチームが、地元仙台のゲーム企業の徹底指導により、 半年間かけてスマホゲームを開発!実際配信したゲームの収益率を競うリアルゲームビジネス部門。 今回はフィンランドチームも参戦! (公式サイトから引用) 開催概要 コンテスト名 第6回DA-TE APPs!2020 日時 2020年2月24日(月・祝)11:00~18:00 11:00~13:45 第一部 ITコンテスト プログラム 14:00~17:40 第二部 ゲームコンテスト プログラム ※松山洋は第二部に登壇いたします。 ゲーム審査員 株式会社セガゲームス 上席執行役員 クリエイティブオフィサー 大橋 修 氏 株式会社コナミデジタルエンタテインメント 制作支援本部 主幹 根岸 豊 氏 mspo株式会社 代表取締役 寺田 美絵 氏 株式会社ピコラ 代表取締役 金子 篤 氏 株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 松山 洋 会場 仙台国際センター(仙台市青葉区青葉山) 申し込み 詳細ページ 事前申し込み制・観覧無料 詳細 「DA-TE APPs!2020」公式サイト View the full article
  1. Load more activity
×