Jump to content
Dothack Network

Blogs

Our community blogs

  1. It's been quite a while if you haven't been to our domain dothack.org for some time, unless you've joined within this year and been keeping up with all the new North American and European resurgence of .hack// media being officially dubbed set to be released on November 1st in Japan, November 2nd on Steam, and November 3rd on PS4/PSN for NA/EU regions. Oh and did i mention THIS YEAR! in 2017? Literally one month from now.

    Early this summer CyberConnect2 the developers behind the .hack// media announced releasing an HD remaster for the former PS2 series .hack//G.U. In this remaster, we'll be getting all 3 volumes of the series on one disc. Plus an additional never before seen 4th volume to the series with new story and content, roughly 3-4 hours worth taking place a year after volume 3. Addition to the 3 volumes being remastered in HD at 1080p, the game will also be running 60 frames per second. Fixes and changes have been made to the game play to make it faster, easier, and max capacities increased throughout the game. The NA and EU physical game for PS4 and digital copies for PSN and Steam will have dual-audio in English and Japanese; and subtitles in English, French, German, and Japanese. There are many to list, so be sure to check our site for more details.

    The whole focal point of a remaster being released was to allow BandaiNamco and CyberConnect2 get fans interested in the next series of .hack games, they chose this entry feeling it would bring back old fans and interest new ones. We currently have no details as of yet on what the next entries will be in the series, but the events in volume 4 are meant to be a prelude of what's to come. CyberConnect2 the developer has made it known their intent on wanting to release their games and series internationally still; however their NA and EU publisher BandaiNamcoUS and BandaiNamcoEU hold the licensing rights in the west and haven't been on board with releasing everything CyberConnect2 is creating both in the past, and now in the present. There is a Premium Edition for Last Recode that contains a sound drama, a copy of .hack//Returner, a light novel called .hack//RAGTIME, and the soundtrack. The English team at CyberConnect2 stated if we the fans can convince BandaiNamcoUS and BandaiNamcoEU on social media how much we want the series, then BandaiNamco "might" be swayed to releasing the Premium Edition internationally. Otherwise there currently are no plans on doing so.

    That's the news with the upcoming remake 31 days from now and their projected plans for the future. But we the fans and content creators who deal in the business with the .hack series have not been quiet and been very busy over the past few years and even more so this year. Dothack Network which started in 2012 has been bridging the gap between fans and fan projects over the last 5 years. We've been promoting YouTubers who create lets plays, dothack news, tutorials on how to play .hack//fragment with others. We've been promoting cosplayers who spent their time and craft making awesome .hack cosplays and having meetup's at local conventions around North America. We've assisted fans on locating and collecting .hack// memorabilia, showcasing bargains and deals, as well as how to purchase internationally. We even received a generous donation on a .hack//ENEMY uncut sheet from the Deciphers printing press for the card game and gave it back to the fans in the form of a raffle giveaway; and we have more to give away today. In honor of .hack//G.U. Last Recode next month, we will be reissuing a second giveaway to send out the remaining 5 sheets we still have to you the fans in another raffle, so be sure to check the site for details sometime in October.

    Our reach which began as a page on Facebook has grown exponentially reaching out as a Facebook group page for direct community and fan discussions compared to our Facebook page promotion from our editor. We have a presence over on Steam and on Twitter for those who dislike Facebook. This year we've dropped Skype in favor of Discord for being the better messenger platform and have amounted well over 400 active users with various themed channels for discussions. And our web site continues to archive the latest .hack// news and updates, as well as preserving all fan projects and fandom. Our community continues to draw fans from older sites from the past including Dothackers.net, .hack//INFO, .hack//Integral, Integrability, Cyberconnect LLC, CyberConnects, Iridium Based, Cyberconnects2, The World //R:2, Dimension-Corp, World of Visions, .hack//fragment BBS, The World BBS, The World RP, The World VRChat, .hack//Universe, and many more! Be sure to stop by to see if any of your friends or familiar faces are still around.

    We've become pretty welcoming and close with each other that we wrote a schedule for daily events for our friends to participate and meet up online to do events. On Monday's we play AzureZhen's The World R:Craft which is a free-to-play no Minecraft account required modded-Minecraft, Tuesday's we host a trivia game on Discord for users to show off their knowledge and experience of the series, Wednesdays we hop onto the VR world of The World VRChat which you can use with or without a VR headset but does support ALL VR headsets if you so choose, Thursdays we get in touch of our original characters and join in a role-play on Discord or on our web site, and on Fridays we grab our patched game disc or emulator for the PC and hop on a .hack//fragment server where up to 3 people can join a party and level up in the .hack//Infection setting world of online play with real friends. These are just some of the daily events you can join in, and we're always accepting of new ideas.

    This has become the theme and status of our friendly community, if you wish to be part of it you are always welcomed; if you wish to support the series, we could always use your help working with BandaiNamco US/EU; or if you want to reconnect with old friends, then let us help you get there. Otherwise, I've been Erroneous and thank you for listening! Be sure to learn more and discover various venues with the links provided below.

    Our Community

    Website: http://www.dothack.org
    Discord: https://discord.gg/YkRJjQF
    Facebook Page: https://www.facebook.com/dothacknetwork
    Facebook Group: https://www.facebook.com/groups/dothacknetwork
    Steam: http://steamcommunity.com/groups/dothacknetwork
    Twitter: https://twitter.com/dothacknetwork
    YouTube: https://www.youtube.com/user/dothacknetwork


    .hack//G.U. Last Recode

    Steam: http://store.steampowered.com/app/525480
    Playstation Store: https://store.playstation.com/#!/en-us/games/hack-gu-last-recode/cid=UP0700-CUSA07559_00-HACKGURECODE0000
    NA Amazon: https://www.amazon.com/dp/B0743X12TX
    EU Amazon: https://www.amazon.co.uk/dp/B074VG7PGW
    NA GameStop: https://www.gamestop.com/ps4/games/hack-gu-last-recode/150492
    JP Amazon (Standard): https://www.amazon.co.jp/dp/B074GVWJT1
    JP Amazon (Premium): https://www.amazon.co.jp/dp/B074GV5G2M

  2. 『.hack』シリーズ15周年を記念し同社がプロデュースする音楽ユニット「LieN -リアン-」による『.hack』シリーズピアノアレンジコレクションVol.1~2を発売することを発表いたします。
    Vol.1は2017年10月28日(土) にコトブキヤ秋葉原館の『.hack//G.U. Last Recode」展示イベントにて先行販売、さらに10月29日(日)の音楽即売会イベント「M3-2017秋」サイバーコネクトツーブースにて販売させていただきます。

    bn

    2017年で15周年となった『.hack』シリーズ。これまでサイバーコネクトツーが制作してきた数々のゲーム、映像作品を彩ってきた「LieN -リアン-」の名曲をピアノソロでアレンジしたCDが登場です。

    手がけるのは、「LieN -リアン-」のメンバーであり作曲家の福田考代。
    2017年11月1日(水)発売のPlayStation®4 / STEAM®『.hack//G.U. Last Recode』にも収録されている、『.hack//G.U.』シリーズの主題歌3曲をはじめ、劇場公開アニメーション『.hack//G.U. TRILOGY』および、劇場用3Dアニメーション『ドットハック セカイの向こうに』の挿入歌などを収録。

    「Vol.1」と「Vol.2」、それぞれ選び抜かれた収録曲数は各6曲。ピアノの音色で綴る新たな世界観をお楽しみください。
    さらに、「ピアノアレンジコレクション」発売を記念し、各CD収録曲から3曲を厳選した「ピアノスコアブックVol.1、Vol.2」も制作。
    CD同梱版および単品にて販売いたします。

    『.hack』ピアノアレンジコレクション 

    lien_piano

    商品名 LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.1
    LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.2
    価格 CD単品各 1,500円(税込)
    CD&ピアノスコア同梱版 2,200円(税込)
    発売日 Vol.1:2017年10月28日(土)
    コトブキヤ秋葉原館 展示イベントにていち早く先行販売
    <イベント概要>
    「.hack」シリーズ15thアニバーサリーミュージアム in KOTOBUKIYA

    2017年10月29日(日)
    東京『M3-2017秋』イベント サイバーコネクトツーブースにて販売!

    ※2017年11月1日(水)より一般販売開始予定


    Vol.2:2018年3月販売予定
    発売元 株式会社サイバーコネクトツー

     

    収録曲

    ■LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.1
    1.やさしい両手(Piano ver.)※出典:『.hack//G.U.』
    2.光の雫(Piano ver.)※出典:『.hack//New World』
    3.つながるセカイ(Piano ver.)※出典:『ドットハック セカイの向こうに』
    4.真実の行方(Piano ver.)※出典:『.hack//G.U.』
    5.優しくキミは微笑んでいた(Piano ver.)※出典:『.hack//G.U.』
    6.輝く君へ(Piano ver.)※出典:『.hack//Link』
    ※収録曲数:6曲 / 再生時間:28分5秒

    ■LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.2
    ※詳細は後日発表予定
     

    ピアノスコアブック 商品概要

    lien_piano_musicscore_001

    商品名 LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.1 ピアノスコアブック
    LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.2 ピアノスコアブック
    価格 ピアノスコアブック 各1,000円(税込)
    CD&ピアノスコア同梱版 2,200円(税込)
    発売日 Vol.1:2017年10月28日(土)
    コトブキヤ秋葉原館 展示イベントにていち早く先行販売
    <イベント概要>
    「.hack」シリーズ15thアニバーサリーミュージアム in KOTOBUKIYA

    2017年10月29日(日)
    東京『M3-2017秋』イベント サイバーコネクトツーブースにて販売!

    ※2017年11月1日(水)より一般販売開始予定


    Vol.2:2018年3月販売予定
    発売元 株式会社サイバーコネクトツー

     

    収録曲

    ■LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.1 ピアノスコアブック
    1.やさしい両手 ※出典:『.hack//G.U.』
    2.真実の行方 ※出典:『.hack//G.U.』
    3.優しくキミは微笑んでいた ※出典:『.hack//G.U.』

    ■LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.2 ピアノスコアブック
    ※詳細は後日発表予定

    11月1日(水)一般販売予定!ゲーマーズオンラインショップにて事前予約受付中!

    【マキシシングル】LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.1
    【その他(音楽)】LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.1 ピアノスコアブック
    【マキシシングル】LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.1(スコアブック同梱版)

    ©.hack Conglomerate ©2012 .hack Conglomerate ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

    サウンドユニット「LieN -リアン-」が音系メディアミックス同人即売会イベント「M3」に出展決定!!

    m3
    10月29日(日)東京物流センターで開催される音系メディアミックス同人即売会を「M3-2017 秋」に出展することを決定いたしました。
    サイバーコネクトツーブースでは、「LieN -リアン- 『.hack』ピアノアレンジコレクション Vol.1」を先行販売いたします。
    またブースでは『.hack』シリーズをはじめとし、『Solatorobo それからCODAへ』など、サイバーコネクトツーがこれまで手掛けてきたゲーム作品の代表楽曲などが収録されたオリジナルアルバムのほか、バッグやハンドタオルなどの小物系オリジナルグッズも併せて販売いたします。
    さらに、会場には「LieN -リアン-」の作曲家福田考代も直接参加致します。

    CD試聴コーナーで心ゆくまで堪能!

    CD視聴コーナーでは「LieN -リアン-」ブースで販売中の楽曲をすべてご試聴いただけます。
    「LieN -リアン-」が手掛ける、美しく、幻想的な世界観をぜひ心ゆくまでご堪能ください。
    ※CD試聴コーナーのご利用は、別途、持参のCDプレイヤーもしくは会場での貸出用CDプレイヤーが必要となります。

    CD視聴コーナー 当日11:30~15:00:【TRCセンタービル2F(第一展示場横)の「第六会議場」】
    にて設置

     

    イベント概要

    催事名 M3-2017秋
    開催日時 2017年10月29日(日) 11:00~15:30
    開催場所「 東京流通センター(TRC)第一/第二展示場
    入場料 当日1,000円(当日会場で販売)
    前売1,080円
    ※カタログ購入が入場料になります。
    サークル名 LieN -リアン-(福田考代&三谷朋世)
    スペース 第二展示場2F コ-11a,b
    M3詳細 http://www.m3net.jp/index.html

     

    サウンドユニット「LieN -リアン-」

    lien_logo
    三谷朋世(ボーカル)/ 福田考代(作詞/作曲)
    ゲーム制作会社サイバーコネクトツーがプロデュースするサウンドユニット。2007年に結成。『.hack//G.U.』、『.hack//G.U. TRILOGY』、『Solatorobo それからCODAへ』、『ドットハック セカイの向こうに』、『アスラズ ラース』などサイバーコネクトツーが制作するゲームタイトルや映像作品において主題歌や挿入歌を数多く手掛ける。透明感のある伸びやかな歌声と叙情的なメロディ、世界観や心情を繊細に表現した歌詞で多くのファンを魅了する。

    「LieN -リアン-」公式サイト


    View the full article

  3.  

    image: http://www.siliconera.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/08/DH0nrf8VwAEeazR_thumb.jpg

    DH0nrf8VwAEeazR

     

    Bandai Namco shared some new bits of information in this week’s issue of Famitsu magazine on .hack//G.U. Last Recode with a look at Haseo’s new weapon that is exclusive to his 5th form.

     

    The weapon is called “Gate of Ouroboros” and it is only available for Haseo’s new 5th form. The weapon can change form, and each one determines which of the eight arts it can use along with a variety of combos. It also has a secret “Skill Trigger” combo activation ability, but we’ll learn more on that later.

     

    .hack//G.U. Last Recode releases in Japan on November 1, 2017 for PlayStation 4 and PC. The game releases in North America and Europe this fall. Check out our previous report for a look at the latest screenshots.

     
    Read more stories about .hack//G.U. Last Recode & PC & PlayStation 4 on Siliconera.

    Read more at http://www.siliconera.com/2017/08/22/hackg-u-last-recode-shares-glimpse-haseos-new-5th-form-exclusive-weapon/#xRSAOViAF0QMzRv3.99
  4. ハセヲ5thフォーム専用武器“無限竜ノ門(ゲートオブウロボロス)”の力とは?

     『.hack』シリーズの第2シーズンであり、とくに根強い人気を誇る『.hack//G.U.』全3巻をHDリマスター化し、システムも遊びやすく改善。さらに、本編のその後を描く新規エピソードも収録される『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』。週刊ファミ通2017年9月7・14日合併号(2017年8月24日発売)では、新エピソードの『Vol.4』で登場する、主人公ハセヲの新形態である5thフォームの専用武器“無限竜ノ門(ゲートオブウロボロス)”が持つ、さまざまな力を公開! 新たな武器に秘められた、凄まじいまでの能力を確認すべし!
     

     

     
    wf0914_060_061

    詳細は、週刊ファミ通2017年9月7・14日合併号(2017年8月24日発売)でご確認ください!

    ■週刊ファミ通のご購入はこちら
    ※ebten(エビテン)

    ■電子版のご購入はこちら
    ※BOOK☆WALKER

    (C).hack Conglomerate (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ※画面は開発中のものです。

  5. Play it and take home a special sticker set.

     

    image: http://gematsu.com/wp-content/uploads/2017/08/dot-Hack-GU-Last-Recode-C3AFA_08-18-17.jpg

    .hack//G.U. Last Recode

     

    .hack//G.U. Last Recode will be playable for the first time at C3AFA Tokyo 2017 from August 26 to 27, Bandai Namco announced.

    Users who play the demo will take home a .hack series 15th anniversary special-make sticker set as a present.

     

    image: http://gematsu.com/wp-content/uploads/2017/08/dot-Hack-GU-Last-Recode-C3AFA_08-18-17_Stickers.jpg

    .hack//G.U. Last Recode

     

    C3AFA Tokyo 2017 will be held at the Makuhari Messe International Exhibition Hall 1~3 in Chiba, Japan. .hack//G.U. Last Recode can be found at the Bandai Namco Entertainment booth.

    .hack//G.U. Last Recode is due out for PlayStation 4 and PC on November 1 in Japan, and in the Americas and Europe this fall.


    Read more at http://gematsu.com/2017/08/hackg-u-last-recode-playable-c3afa-tokyo-2017#2C4BsF337YD7BkDK.99
  6. wusivndxptyfmyhtgfca.jpg.eec4e37bd81e4fbd4e289e45459c01e8.jpg

    I love “trapped in a video game” stories—be that in books, anime, or even games. As a gamer, such stories directly relate to my greatest passion. But more than that, “trapped in a video game” is setup brimming with the potential for epic plots and thematic explorations.

    Much can be done with the “trapped in a video game” setting. It can be used for straight-up adventure or horror. It can bring to life an exploration of the human psyche or be a thought experiment for the construction of a society as a whole.

    In other words, it’s the way this setting is used that makes all the difference; “trapped in a video game” is the starting point, not the be-all and end-all of the story.

     

    That’s one of the reasons I get frustrated when things like Sword Art Online and Log Horizon are called rip-offs of the first popular “trapped in a video game” franchise, .hack//SIGN. It’s like saying Star Wars is a rip-off of Star Trek just because Star Trek came first and has a similar setting: a galactic civilization in space.

    Yet despite the shared general setting, we all know these two series couldn’t be more different. One is science fiction and concerned with exploration, the future of mankind, and social commentary on our modern day world. The other is science fantasy and gives its all to the creation of an engrossing adventure about heroes and villains battling among the stars.

    jg9vhtxlol0ajenizars.jpg.d3776367d916dedeeea02b7fd6bcdd6d.jpg

    In the same way, .hack//SIGN, Sword Art Online, and Log Horizon are fundamentally different stories despite having the same starting point—a “trapped in a video game” setup. .hack//SIGN is a mystery about a single person trapped in a video game and how he (and those players around him) deal with the psychological and game world problems that relate to his situation.

    Sword Art Online is an action adventure where thousands of people are trapped in a video game with the ever impending threat of real world death looming over them. It spends its time on action, romance, and an episodic exploration of how various people have adapted differently to the new world. Log Horizon, on the other hand, is not as interested in the individual’s reactions as it is in the overall implications of building a new society from the ground up in a game world made real.

    For decades, fantasy works have built amazing tales on the backbone of the Lord of the Rings-style setting—and that’s not a bad thing. Video game worlds in any form of storytelling are the perfect setting for future fantasy and sci-fi works—and the plot device of being trapped in one is just one of countless possible subgenres that can tell any number of enjoyable stories.

    So remember: Just because a setting has been used before doesn’t mean that other works with the same setup are simply inferior, cheap copies. There are many epic stories out there that start at the same place. And the more creative imagining that can springboard from that “same place”—whatever it may be—the better for us as readers, viewers, and players.

    Kotaku East is your slice of Asian internet culture, bringing you the latest talking points from Japan, Korea, China and beyond. Tune in every morning from 4am to 8am.

    To contact the author of this post, write to BiggestinJapan@gmail.com or find him on Twitter @BiggestinJapan.

  7.  

     

     

    改めまして。

     

    2017年の今年!

     

    2002年からスタートした『.hack』シリーズ15周年の今年!

     

    2007年に完結した『.hack//G.U.』から10周年の今年!

     

    .hack//G.U. Last Recode

     

    2017年11月1日発売!!

     

    発売元バンダイナムコエンターテインメント!!

     

     

    o0456025313996621991.jpg

    『.hack//G.U. Last Recode』公式サイト

     

     

    15周年という記念すべき時に本作を発売できることを本当に嬉しく思います。

     

     

     

    先日発売された週刊ファミ通にも最新情報が掲載されましたが。

     

    o1366069913996901807.jpg

    「『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』豪華特典を同梱した初回限定版の発売が決定――早期購入特典も発表」

     

     

    本作はただのHDリマスター作品ではありません。

     

    過去の『Vol.1』『Vol.2』『Vol.3』に加えて最新エピソードであるVol.4が新規に制作されています。

     

     

    その名も【Vol.4 あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢

     

     

    もちろん『.hack//G.U.』という作品そのものは10年前の全3巻できっちりと完結をしています。物語としては完了しています。本作における『Vol.4』はその後の物語であり、ハセヲや全ての登場人物にとっての最後の忘れものを取りに行く決着のドラマです。

     

    この物語は10年前に『.hack//G.U.』が完結した時から存在した話です。

     

    ようやくお披露目することが出来ます。

    (すいません、10年かかっちゃいました)

     

     

    ドラマだけでなくちゃんとシステムもパワーアップしていますので続報を楽しみに待っていてください。

     

    パワーアップは『Vol.4』だけではないですよ。『Vol.4』は新フォーム&新システムで、『Vol.1』『Vol.2』『Vol.3』に関しては“現代のゲームソフトとして快適に遊びやすく”するための様々な改良・改善が施されています。綺麗なだけではないのです。

     

    開発を始めた2年前からスタッフと共に

     

    “15周年の記念すべき年に『.hack//G.U.』を新たに展開するのならば、自分達にとってもお客様にとっても非の打ちどころのない作品にしよう!”

     

    そう言い続けて開発を行ってまいりました。

     

     

     

    今まで『.hack//G.U.』を応援して闘い続けてきたモノ達と。

     

    これから初めて『.hack//G.U.』に触れるお客様。

     

    どなたにも満足いただける作品となりました。

    どうぞ、ご期待下さい!!

     

     

     

    ドコドンッ!!

     

     

     

     

    o1500097013996869311.jpg

    【Amazon.co.jp】限定アイテム付きのご購入はこちら

    Tシャツと缶バッジを同梱した【ララビット】限定版のご購入はこちら

     

    この『限定版』は受注生産なので予約すれば確実に手に入りますよ。ぜひご予約をお願いします。同梱されるブックレット小説もドラマCDもすごく丁寧にこだわって作りましたので。必見ですよ!

     


     

    株式会社サイバーコネクトツー

    代表取締役社長 松山 洋

     

     

     

     

     

     

     


    View the full article

  8. 001.thumb.jpg.97fccac389b41b51ef68227527122204.jpg

    http://www.4gamer.net/games/183/G018303/20120920045/

    2012年9月20日,ソニーは東京ゲームショウ2012の「センス・オブ・ワンダーナイトプレゼンツ ヘッドマウントディスプレイ没入快感研究所 Powered by Sony」ブースにて,東京ゲームショウ限定仕様のヘッドマウントディスプレイ「PROTOTYPE-SR」を使った仮想現実の公開体験実験会を開催している。

     すでにお伝えしているように,一般参加者から選ばれた44名も体験可能(※受付は締め切り済み)なイベントなのだが,それに先だって報道関係者向けの説明会が行われたので,その模様をお伝えしよう。

     なお,情報の性質上ネタバレがあるので,体験会に当選した44名の方は,できればこの先は読まないほが楽しめるはずだ。この点はご注意を。
     
    PROTOTYPE-SR。HMZ-T2の“先端”に埋め込まれた丸い部分がライブカメラ,その下,ヘッドマウントディスプレイの底面部に取り付けられている四角い箱がヘッドトラッキングセンサーだ
    018.thumb.jpg.79a3fdb9d7ca2fbf8196196e79e3a504.jpg
     実験の内容を軽く説明しておこう。実験会場となるのはブース内に設けられた真っ白い部屋だ。そこに椅子が置かれ,被験者はそこに座り,ヘッドマウントディスプレイをかけて映像を視聴することになる。
     ここで使われるヘッドマウントディスプレイは,ソニーの新製品「HMZ-T2」をベースに特殊な改造を施されたもの。ライブカメラによって外の様子を見ることができるほか,ヘッドトラッキングセンサーによって,頭の動きに合わせて視界を巡らせることができる仕様になっている。これを使うとどのような体験ができるのだろうか。
     
    説明会で流れたPROTOTYPE-SRの紹介ビデオ
    002.thumb.jpg.8c639d3a26a8c92457ee050056ba4447.jpg 003.thumb.jpg.db7d56ed1c00b53c220dbba3fd2327d9.jpg
    004.thumb.jpg.31ae8814accb936cf37b677c36d01f38.jpg 005.thumb.jpg.7ed3f450581c464a0c7c6dadc47fdeaf.jpg
    006.thumb.jpg.f1d5183dfea0c77fc213ce5f2c770336.jpg 007.thumb.jpg.775c7ef6169378c0649e10ec0f7aad41.jpg
     
    体験ブース内の様子と体験者視点の風景
    015.thumb.jpg.6fc7992af6faac1484ddb77accab4d9a.jpg 016.thumb.jpg.4c8eb38451d8cf1aca8ed3561a30b9b8.jpg
     
    サイバーコネクトツー代表取締役社長 松山 洋氏
    028.jpg.edc513b972edfa45a2f264ca696fcc48.jpg
     公開実験第1号として登場したのは,.hack(ドットハック)シリーズなどの開発で知られる独立系デベロッパ,サイバーコネクトツーで代表取締役社長を務める松山 洋氏だった。

     実験場の外では,松山氏が見ている立体視映像(の平面視版)と,室内における松山氏の様子とが映されており,松山氏がどんな映像を見ていて,かつ,氏がどんな反応をとっているがか確認できるようになっている。そして,報道陣はそれらを見るという形で説明会は進んでいく。
     
    実験の紹介ムービーより
    008.thumb.jpg.091ddc5427d337a53ed9cb191450eb33.jpg 009.thumb.jpg.a72eaf7360b4f72b5b7528380b2a5df6.jpg
    010.thumb.jpg.bfd2b223d1743d5750476ef83803bc7e.jpg 011.thumb.jpg.dcd85af0f532462dee606ddfbb21d804.jpg
    012.thumb.jpg.941fb8bc0f03d7ccde5a34b4f3850949.jpg 013.thumb.jpg.7d6bf4a713304b9d165cacf27c294734.jpg

     もう一度繰り返すが,以下,100%ネタバレ情報なので,体験予定の人は読まないように願いたい。

     というわけでブースで公開されていた実験風景の映像では,まず女性係員の指示でヘッドマウントディスプレイの設定を行う松山氏の様子が映され,映像コンテンツとして映画「バイオハザードV トリビューション」のプロモーションムービーが流された。これ自体は,最近テレビなどでもよく放映されているものと同じ――ただし立体視映像になっている――である。
     
    松山氏がヘッドマウントディスプレイの調整を行っているところ(※左はその直前)。大きな画面がヘッドマウントディスプレイに映っている映像,右下の小さな画面が松山氏と室内の様子を捉えた映像だ
    019.thumb.jpg.c45d4cc0c2f678db30dd095bea84da1c.jpg 020.thumb.jpg.0a7cf41f47ee7a5aaa169d9580c169da.jpg
    そしてバイオハザードV トリビューションのPVが流された
    021.thumb.jpg.8ac166d8399fbb08e90971f8b1ca5d0f.jpg

     ムービーが終わると,女性係員が再び登場(※ただしこの係員は,松山氏のいる室内にはおらず,映像の中にしか映っていない)。そのまま案内を続けていくのだが,ふとそこで室内の照明が点滅。女性係員が苦しげにうずくまったかと思うと,次の瞬間,ゾンビの姿になって襲いかかってくるといった展開だ。
     
    体験者にいきなりゾンビが襲いかかってくる
    022.thumb.jpg.efb702527be659a098ce1b5e5c0a4686.jpg

    023.thumb.jpg.a8796cb07c973c6a363331b6a62518e7.jpg  松山氏の見ている映像と,氏のいる室内を両方見られる筆者からは,最初は平然としていた松山氏が,さすがにこのときばかりは身をかばうように避けていたのが確認できた。

     そのあとも,実際の映像と事前に作成された映像を混ぜつつ松山氏を翻弄。最後に,バイオリニストの宮本笑里さんによるバイオリン演奏の模様が流された。これは事前撮影による(松山氏にとっては)バーチャルな映像だ。右にいたと思った人が,ふっと左側に移動したり,部屋中に風船が降ってきたりとさまざまな演出が凝らされていた。

    024.thumb.jpg.7c661387793b66c4a4990482ee97fa07.jpg
    現れた美人バイオリニストには「一瞬で恋をする」と松山氏。姿が急に消えたり,さまざまな演出が施されていた
    025.thumb.jpg.83be83e653239db460422d9755b1edd8.jpg 026.thumb.jpg.ad022440baee408cfa32c4593236962f.jpg

    030.jpg.c26b598ea9c48ff07198a6301dd9a873.jpg  一連の体験後に松山氏の感想を聞くと,「これは凄い」とかなり興奮気味に語っていた。

     松山氏の見ていた映像は,ライブカメラから撮影された室内の映像と,「被験者が実験室の椅子に座ったとき」を見立てて設置したパノラマカメラによって,事前に室内で撮影されていた映像,そしてその加工品である合成映像だ。リアルな映像と加工された映像とをシームレスに切り替えることで,現実と仮想現実の境界を曖昧にしてみようというのが,この実験の趣旨である。

     その効果は絶大だったようだが,言葉で説明するのは難しいようで,松山氏は「ジョジョの『キング・クリムゾン』のスタンドは,実際に体験するとこんな感じなのだということが実感できた」と,ちょっと分かりにくいかもしれない表現で体験内容を語っていた。
     ソニーの開発者に「絶対,キング・クリムゾンをイメージして作ったでしょ」と問いかけていたのに対し,開発者のほうでもおおむね肯定していたので,『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するスタンドを表現しうる手法が確立できたと言っていいのかもしれない(?)。

     とにかく,

     「これは実際に体験しないと絶対に分からない

    と,松山氏がかなり興奮気味に述べていたのが印象的だった。
     実際の体験内容そのものとは異なるのだが,体験時の様子を直撮りしておいたので,その一部を見て想像を巡らせてみてほしい。
     

    TGS 2012におけるヘッドマウントディスプレイ「PROTOTYPE-SR」体験風景

     

     松山氏は,.hackシリーズで近未来のガジェットを多く扱うなど,ヘッドマウントディスプレイといったガジェットについてはかなり詳しいようで,昔発売されたソニーのグラストロンをはじめ,昨年発売された「HMZ-T1」も当然のように購入して使用していたという。

     2002年に発売された.hackでは,近未来ということで2010年が舞台として設定されていたわけだが(※当時は10年も続くとは思っていなかったそうだ),2011年に発売されたHMZ-T1や,今回のPROTOTYPE-SRについては,想像以上のペースでハードウェアが進化していると,驚きをもって語っていた。これまでのゲーム機は,出力がテレビやディスプレイの画面に制限されていたのだが,このような新体験ができるデバイスが登場することで,ゲーム自体の表現力や表現手法も大きく変わってくる。.hackの世界もそう遠くない将来に実現されるのではないか,というわけである。

     クリエイターとして刺激される部分も大きかったようで,松山氏は早くもこのようなデバイスを使うとどのような表現ができるかなどについて思いをめぐらせているようだった。表現方法としては,現実の中で少しだけ嘘をつくと非常に効果的なので,実際,氏も「どのタイミングでだましてやろうか」と創作意欲を燃やしていたのが印象的だ。本物の「The World」を体験できるようになる日は近いかもしれない。

    027.thumb.jpg.96d801fe7f7ed17a08978e244e1f5158.jpg
     なお,今回使用されたPROTOTYPE-SRは,あくまでも今回の実験限定の試作品であって,具体的な発売予定などは一切ないとのこと。
     ただし,今回のフィードバックをもとにして,ヘッドマウントディスプレイの今後の展開について検討していくとのことなので,没入型ゲームデバイスとしての可能性をぜひとも継続して突き詰めていってもらいたいものである。
×