Jump to content
Dothack Network

Blogs

Make Your Own Dothack Game

Last November we at DHN wanted to host a community programming day where you the community would put your skills to the test and create the best fan dothack game. But to many people's disinterest in performing such a difficult task and many people questioning their graphic and programming skills, we sought a way to balance the field so that everyone could participate. Rather than the community sit and write code or sit and draw, we discovered an easier method. What if we provided the programs you could use and you would focus more on the storytelling. And thus the genre Text Adventure Game was the best platform to allow everyone the chance to participate. A text adventure game, for those unfamiliar does not use graphics whatsoever. It works like a Choose Your Own Adventure books, where everything is predetermined but the reader, in this case the player's choice would determine different outcomes of success or failure. The player is given a text prompt and makes a choice when the narrative needs a player to interact, or the player can move around and select options based on words and actions. If anyone may have been fortunate to play, a real life example of a game that is best known for this would be Zork. The programs you may choose for this challenge are Inform 7, Twine, Quest, or ADRIFT. You will want to read on the features each program has to offer best suited for your needs, i.e. some can be created on a web page without having to install any software, others allow easier navigation for branching results. Whichever option you choose is acceptable, you may even use any other software not mentioned here. So long as the community can download and play your game. The last rule and most important rule to this challenge is that it must be dothack related. Whether you decide to use existing dothack characters in a new story, or using the canon characters to retell the same story for those who were unable to play the games, or if you wish to create your own original characters that exist in The World franchise is acceptable. Which version of The World is up to you, the original, The World R:2 from the .hack//GU games, The World R:X from .hack//LINK, or The World FORCE:ERA from the movie .hack//Beyond the World. Character classes should be mentioned or made apparent, use of friendly creatures like Grunty's and ChimChim's are also encouraged, and of course monsters! While pulling out your notebook or notepad writing ideas, you should consider the following: protagonists, antagonist, supporting characters, a conflict, a solution, and a resolution. Be sure to consider other literary tools like themes and tones. And of course, be sure to share your works when you finished. Make sure to tag us @dothacknetwork on social media when you wish to share your work. And on September 13th 2019 aka International Programmers Day, we will pick an entry as the winner of 2019's Make Your Own Dothack Game challenge!

Erroneous

Erroneous

 

声優コンテスト「声優スタジアム2019」にサイバーコネクトツースタッフが審査員として参加決定!

crossfmによる、声優を目指す中学生、高校生を対象とした声優コンテスト「声優スタジアム2019」が開催決定! 審査員としてサイバーコネクトツースタッフが参加いたします。 エントリー受付中!
声優を目指す学生様は、この機会にぜひご応募ください。 また本イベントの予選に向けて、「予選準備会」が福岡各所で開催されます。
サイバーコネクトツーでは7月25日(木)14:00より実施! ゲーム制作におけるサウンド・声優との関わりについての講演や会社見学の他、本コンテストの審査員植木先生からの発声・演技レッスンも行われます。 予選準備会に参加希望の方は、事前にお申し込みください。
イベント概要 催事名 声優スタジアム2019 募集期間 6/8(木)~8/8(木) 決勝大会 9/28(土) 福岡アジア美術あじびホール エントリー
資格 ・中学1年生から高校3年生であれば、どなたでもOK!
・福岡県内(北九州、福岡市、筑後市)で行われる予選へ来ることができる方
・9月28日(土)に福岡市(決勝大会)へ来ることが可能な方 <当日受付可能>
必ず参加したい方・事前に行けると分かっている方は事前のお申込みをお願い致します。
※当日のご来場人数が想定を上回る場合、お申込みをお断りする場合があります。 審査員 株式会社ノイジークローク 代表取締役
坂本 英城 氏 株式会社レベルファイブ プログラム開発総括部 サウンド開発チーム チームリーダー
井上 岳志 氏 株式会社アカツキ福岡 モバイルゲーム事業部 シナリオディレクター・ライター
植木 誉人 氏 九州大谷短期大学 演劇放送フィールド専任講師
植木 誠 氏 サイバーコネクトツー サウンド課マネージャー
福田 憲克 詳細 イベントの詳細や応募方法は特設サイトをご覧ください。
cross fm 声優スタジアム2019 サイバーコネクトツー
予選準備会 期日 7月25日(木) 14:00~(受付13:30~)
終了予定時間 16:00 主催 green station cross fm
View the full article
 

週刊ファミ通 2019年6月20日号に『チェイサーゲーム』特集記事掲載!大特集記念キャンペーン実施のお知らせ!

2019年6月6日(木)発売の「週刊ファミ通 2019年6月20日号」の特集記事に、代表の松山洋が原作を務める、当社を舞台にしたゲーム業界お仕事漫画『チェイサーゲーム』が掲載されております。 この機会にぜひご覧ください。 このマンガがスゴイ!
ゲーム業界お仕事マンガ『チェイサーゲーム』大特集   雑誌名 週刊ファミ通 2019年6月20日号 価格 特別定価550円(税込) 発売日 2019年6月6日(木) 発行 株式会社Gzブレイン   大特集記念キャンペーン開催!
この大特集を記念して、松山洋を含む、漫画担当の松島幸太朗、構成担当の柚木元、そのほか作中に登場するサイバーコネクトツーのモデルスタッフ全員のサイン入りのファミ通をプレゼントするTwitterキャンペーンを開催いたします。 奮ってご参加ください! キャンペーン概要 キャンペーン名 週刊ファミ通『チェイサーゲーム』大特集記念キャンペーン 期間 2019年6月6日(木)~12日(水) 応募方法 ① 6月6日(木)発売の週刊ファミ通を購入
②自身のTwitterアカウントで 購入した週刊ファミ通の写真と一緒に『チェイサーゲーム』特集記事の感想とハッシュタグ「#チェイサーゲーム大特集感想」をつけてツイート! 当選者の発表 当選者には、DM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。
※CC2広報アカウント(@PR_CC2)をフォローしていない場合、DMが送れないため、あらかじめフォローしていただきますようお願いします。
View the full article
 

11/23(土)「CEDEC+KYUSHU 2019」開催決定!

九州を中心に活動しているコンピュータエンターテインメントの開発者に対して、最新の技術情報を提供し、カンファレンスを通じて開発者のコミュニティを広げることを目的として、2019年11月23日(土)に福岡市の九州産業大学 1号館にて、CEDEC+KYUSHU 2019(主催:CEDEC+KYUSHU 2019実行委員会、共催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)の開催が決定いたしましたのでお知らせいたします。 CEDEC+KYUSHU初の試み!全国公募を実施! 本年度よりCEDEC+KYUSHU初の試みとして、「全国公募のセッション枠」を新設いたしました。
昨年の公募は、九州に拠点を置いている企業・個人を対象にしていましたが全国へその枠を拡大いたします。
ゲーム、CG、映像など、デジタルエンターテインメントに関する講演を行っていただき、CEDEC+KYUSHU 2019をともに盛り上げて頂けるクリエイターの皆様、ぜひ奮ってご応募ください! セッション講演者 応募要項(抜粋) 募集内容 「レギュラーセッション」「ショートセッション」「パネルディスカッション」 対象技術分野 エンジニアリング、ビジュアルアーツ、ゲームデザイン、サウンド、プロダクション、ビジネス&プロデュース、アカデミック・基盤技術 採択審査 応募いただいた内容をCEDEC+KYUSHU 2019実行委員会が審査し、講演者としての採択を決定します。
※必要に応じて、追加資料を提出いただく場合があります。 採択発表 2019年8月中旬~下旬頃にCEDEC+KYUSHU 2019事務局より直接ご連絡いたします。 特典 【応募者特典】
CEDEC+KYUSHU 2019の受講パスを特別価格にて提供 【採択者特典】
登壇者パスの進呈およびCEDEC+KYUSHU 2019の受講パスを無償進呈
講演に関するタイトル体験ブースの提供および登壇者様著書の販売ブース提供
懇親会への無料ご招待
等   応募要項詳細 および 応募方法 CEDEC+KYUSHU 2019 公式Webサイトより必要な項目を確認のうえ、ご応募ください。
http://cedec-kyushu.jp/2019/koubo
応募受付:2019年5月31日(金)~ 7月26日(金)必着 昨年のCEDEC+KYUSHU 2018のようす
本年度のセッション数や学生・一般受講者への申し込みのご案内など詳細については追ってお知らせいたします。
さらにパワーアップしたCEDEC+KYUSHU 2019を乞うご期待下さい! ※講演者募集に関しては、CEDEC+KYUSHU 2019事務局(session@cedec-kyushu.jp)へお問い合わせ下さい。
View the full article
 

6/1(土)~2(日)京都開催「BitSummit 7 Spirits」ID@Xbox ブースにて、『戦場のフーガ』の試遊台 出展決定!

2019年6月1日(土)~2日(日)京都で開催される日本最大級のインディーゲームの祭典『BitSummit 7 Spirits』のID@Xbox ブースにて『戦場のフーガ』の試遊台が出展!
現在開発中のタイトルがプレイできるチャンス! この機会にぜひご体験ください! 出展内容
戦場のフーガ
サイバーコネクトツーの初自社パブリッシング3タイトル“復讐三部作”の第1弾となる、“戦争×復讐×ケモノ”をテーマにしたドラマティックシュミレーションRPG。
『テイルコンチェルト』や『Solatorobo それからCODAへ』で描いてきた、イヌヒト・ネコヒトたちが暮らす世界観「リトルテイルブロンクス」シリーズの最新作。  
ジャンル:ドラマティックシュミレーションRPG
発売日:未定
機種:PlayStation®4 / Nintendo Switch / Xbox One / STEAM®
※体験会はXbox One版となります
詳細:「NEXT PLAN」   「BitSummit 7 Spirits」とは イベント概要 イベント名 BitSummit 7 Spirits 開催日時 2019年6月1日(土)~2日(日)
タイムスケジュール:https://bitsummit.org/ja/schedule/ 開催場所 みやこめっせ 第3展示場、3階
(京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9−1) 入場料 1DAYパス:¥2,000
2DAYパス:¥3,000
1DAYパス (中高大学生):¥1,000
2DAYパス (中高大学生):¥1,500
小学生以下:無料 公式サイト https://bitsummit.org/ja/ ID@Xbox
ブース詳細 「BitSummit 7 Spirits」に ID@Xbox ブースを出展
View the full article
 

第26回FUKUOKAゲームインターンシップ募集開始!![締切:2019/6/14(金)]

福岡ゲーム産業振興機構(GFF、九州大学、福岡市)では、企業内で実際のゲーム制作について、学び体験するインターンシップが実施されます。 GFF加盟企業をはじめとする福岡の優れたゲーム企業で、実際の作業現場を経験できるチャンスです。
ゲームクリエイターを真剣に目指している方のご応募をお待ちしております。 また、過去の「FUKUOKAゲームインターンシップ」の様子がブログで公開されています。
併せてご覧ください。
FUKUOKAゲームインターンシップとは 第26回FUKUOKAゲームインターンシップ 実施概要 募集締切 2019年6月14日(金)※必着 実施期間 2019年8月上旬~8月下旬 応募対象 ゲームクリエイターを“本気で”目指している年齢18歳以上の方。
※応募者が20歳未満の場合は、保護者の方の承認が必要です。応募用紙への署名・捺印をお願いします。 実施コース 参加希望コースおよび希望企業に応じて、自主制作された作品を提出してください。(ご提出作品などの詳細は、応募要項をご確認ください)
プログラマーコース
デザイナーコース
プランナーコース
デバッグプレイヤーコース 受入予定企業一覧
(50音順) 【GFF加盟企業】
株式会社ガンバリオン/株式会社クロスアフィニティー/
株式会社サイバーコネクトツー/システムソフト・アルファー株式会社/
株式会社デジタルハーツ/株式会社ペガサスジャパン/
株式会社レベルファイブ 【その他受入予定企業】
株式会社アルティ/有限会社タウンファクトリー/
株式会社フロム・ソフトウェア/株式会社ポリフォニー・デジタル/
有限会社ユニコーンジャパン 応募方法 福岡ゲーム産業振興機構ホームページをご覧の上、ご応募下さい。
http://fukuoka-game.com/archives/1031/
View the full article
×